文字サイズを変更

Suicaに関する特約

● 第1条(目的)
  • 本特約は、東日本旅客鉄道株式会社(以下「JR東日本」といいます。)が、ビューカード会員規約(以下「会員規約」といいます。)第1条に規定するクレジットカード(家族カードを含むこととし、以下「カード」といいます。)のうち非接触ICチップを内蔵し定期券機能を有しないカード(以下本特約において「本カード」といいます。)に記録された金銭的価値等(以下「Suica」といいます。)で提供するサービスの内容と、利用者がそれらを受けるための条件を定めることを目的とします。
● 第2条(適用範囲)
  • 1. 本特約は、東日本旅客鉄道株式会社ICカード乗車券取扱規則(平成13年10月東日本旅客鉄道株式会社公告第24号。以下「ICカード取扱規則」といいます。)及び東日本旅客鉄道株式会社Suica電子マネー取扱規則(平成16年3月東日本旅客鉄道株式会社公告第34号。以下「電子マネー取扱規則」といいます。)に対する特約であり、本カードに適用されます。また、これらと異なる条項については本特約を優先することとします。
  • 2. 利用者がSuicaを利用する場合は、ICカード取扱規則による記名Suicaとして取り扱います。
  • 3. 利用者は本カードの利用に際し、ICカード取扱規則によるSuica定期乗車券としては利用できないものとします。
  • 4. Suicaの利用等に関し、本特約に定めていない事項については、ICカード取扱規則及び電子マネー取扱規則の定めるところによります。電子マネー取扱規則による場合、「Suica電子マネー」を「SF」と読み替えることとします。
● 第3条(用語の定義)
  • 本特約における主な用語の定義は、次の各号に掲げる通りとします。
    • (1) 「利用者」とは会員規約及び本特約に定めるところにより、本カードの発行を受けた方をいいます。
    • (2) 「SF」とは、JR東日本が相当の対価を得てSuicaに記録した金銭的価値をいいます。
    • (3) 「チャージ」とは、JR東日本の定める方法でSuicaにSFを積み増しすることをいいます。
● 第4条(発行及び所有権)
  • 1. 本カードはJR東日本がSuicaの利用を認め、株式会社ビューカード(以下「ビューカード」といいます。)がカードの入会申込を認めた場合にビューカード所定の方法により発行します。
  • 2. 本カードの所有権はJR東日本及びビューカードに帰属するものとします。
● 第5条(デポジット)
  • 本カードについては、デポジットに関するICカード取扱規則の定めは適用しないものとします。
● 第6条(制限事項)
  • 1. 会員規約第5条に定める本カードの有効期限を越えてSuicaとして使用することはできません。
  • 2. ICカード取扱規則第60条の定めにかかわらず、バスの定期乗車券を利用することはできません。
● 第7条(チャージ)
  • 1. 利用者は、ICカード取扱規則第12条に定める機器のほか、Suicaの処理が可能なビューカード又はビューカードが提携している会社又は組織の運営している現金自動貸付機等(以下「Suica対応ATM」といいます。)により、本カードのクレジット機能によってチャージをすることができます。
  • 2. 利用者が本カードのクレジット機能によりチャージを行う場合の支払方法は、カードショッピングの1回払いとします。
● 第8条(SF残額の確認)
  • 利用者は、ICカード取扱規則第13条に定める機器のほか、Suica対応ATMにより、本カードのSF残額を確認することができます。
● 第9条(払い戻し)
  • 1. JR東日本は、ICカード取扱規則第15条にかかわらず、第11条第3号に該当する場合でJR東日本が認めた場合、第12条に該当する場合又は第13条に該当する場合で、利用者から次の各号のいずれかによる請求があった場合に限りSF残額を払い戻します。なお、JR東日本はICカード取扱規則第15条に定める手数料は収受しません。ただし、第11条第3号に該当する場合、JR東日本所定の払戻手数料及び振込手数料を負担していただく場合があります。
    • (1) Suica対応ATMによりSF残額の払い戻しを請求したとき
    • (2) 前号の取り扱いによれない場合で、利用者が自らの責任において本カードを切断する等使用不能な状態にして、JR東日本所定の方法により本カードをビューカードに送付して、SF残額の払い戻しを請求したとき。
  • 2. 前項による払い戻しをした以降は、Suicaは使用できなくなるものとします。
  • 3. SF残額を払い戻した後は、バス利用特典サービスは無効となります。無効となったバス利用特典サービスについて、JR東日本は責任を負わないこととします。
● 第10条(再発行)
  • 1. JR東日本は、ICカード取扱規則第16条及び第17条にかかわらず、会員規約第15条に定める再発行時にSuicaの使用停止措置及び再発行を行います。この時、使用停止措置を行ったSuicaを再び使用することはできません。
  • 2. JR東日本は、再発行した本カードが利用者に届かなかった場合でSF残額があった場合は利用者の再発行申請から6ヶ月経過した時点で、利用者指定の口座に振込手数料を差し引いた金額を返金します。なお、振込による返金ができなかった場合、そのSF残額は失効することとします。
● 第11条(無効の取扱い)
  • JR東日本は、次の各号に該当する場合、Suicaを無効とします。
    • (1) ICカード取扱規則第43条、第45条、又は第46条に該当した場合
    • (2) 利用者のSuicaの利用が本特約の規定に違反した場合、あるいは違反する恐れがある場合
    • (3) 利用者が会員規約第17条第2項若しくは第4項により会員規約第2条第3項に定義する会員たる資格を喪失し、又は本カードの利用停止措置若しくは返却措置の適用を受けた場合
● 第12条(更新カード発行時の取扱い)
  • 利用者は、会員規約第5条の定めにより新しいカードが送付された場合で従前のカードにSuicaの情報がある場合は、同条による処分の前に、その有効期限内に第9条によるSF残額の払い戻しを行うものとします。
● 第13条(カード退会時の取扱い)
  • 利用者が本カードを任意に退会する場合は、ICカード取扱規則第15条の定めにかかわらず、第9条によるSFの払戻しを行った上で、会員規約第17条第1項の定めによるものとします。
● 第14条(免責事項)
  • 1. 本カードを紛失し又は盗難にあった場合等に、本カードの使用停止措置が完了するまでの間に他人によるSuicaの使用等(払い戻しを含みます。)があった場合、JR東日本はそれらを補償する責めを負いません。
  • 2. 本カードのSuicaの機能が使用できないことにより利用者に生じる不利益、損害については、JR東日本はその責めを負いません。