お問い合わせ

  1. ホーム
  2. タビーカTOP
  3. クレジットカード
  4. クレジットカードの限度額って年収別の目安はどのくらい?

クレジットカードの限度額って年収別の目安はどのくらい?

毎日の買い物からネットショッピング、光熱費の支払いと幅広いシーンで役立つクレジットカードですが、どんな種類・ステータスであっても必ず「限度額」というものが設定されていて、それ以上の支払いをすることはできません。クレジットカードを利用する際には、限度額がいくらなのかをきちんと把握し、その範囲内で上手に活用することが大切です。
そこで今回は、クレジットカードの限度額について、年収別の目安や限度額を引き上げる方法を詳しく解説していきます。

クレジットカードの限度額とは

クレジットカードの限度額(与信枠)というのは、そのカードで支払うことができる上限金額のことで、すべてのクレジットカードには限度額を設定することが「割賦販売法」という法律によって義務付けられています。なぜなら、クレジットカードというのはいわゆる「後払い」のため、利用者が無理なく支払うことができる範囲で限度額を設定しておくことによって、支払い能力以上の利用を防ぐことができるからです。

限度額はクレジットカード会社が利用者のさまざまな情報を元に算出するため、設定金額は人によっても異なりますが、多くの場合は、利用者の年収や職業などが限度額に大きく影響します。そのため、年収が極端に少なかったり収入が安定していなかったりという場合には審査が厳しくなり、限度額が低くなるのが一般的です。

なお、この限度額というのは「1カ月に使える金額」という意味ではなく、「そのクレジットカードで使える上限」という意味になります。例えば、限度額が30万円のクレジットカードで25万円のエアコンを購入した場合、30万円から25万円を差し引いた5万円が、その時点で利用できる金額になり、クレジットカード会社からの請求書が届き支払いが済んだ時点で限度額は元に戻ります。

また、限度額というのは買い物に使える金額の総額である「ショッピング枠」と、ボーナス払いやリボ払い、分割払いに使える上限額の「割賦枠」、キャッシングに使える上限額である「キャッシング枠」の3種類に分類されています。それぞれの限度額はクレジットカード会社やカードの種類によっても異なるため、何にいくらまで使えるのかを事前にきちんと把握しておくことが大切です。

クレジットカードの審査項目

クレジットカードの限度額というのは、基本的に各カード会社の審査によって決められます。この「審査」では、利用者の年収、職業、勤務先の会社の規模、勤務形態、勤続年数、年齢、資産、性別、信用情報などを元に、その人が信用できる相手なのか、どのくらいの金額まで支払う能力があるのかを判断していくのが一般的です。

【年収別】クレジットカードの限度額の目安

これから新しくクレジットカードをつくろうと考えている方のなかには、自分のクレジットカードの限度額がどのくらいになるのか気になる方もいるのではないでしょうか。前述のとおり、クレジットカードの限度額というのは、各カード会社の審査によって決定されるわけですが、年収からだいたいの利用限度額を知ることはできます。

例えば、年収150万円以下の場合には限度額は10〜30万円、年収300万円以下で10〜50万円、年収400万円以下で30〜150万円、年収500万円前後で50〜300万円、年収1,000万円を超えると最も少ない場合でも100万円以上から利用限度額が設定されることもあるようです。ただし、この金額はあくまでも一般的な目安であって、実際にカード会社が判断する限度額は異なる場合も少なくありません。

限度額を上げる方法

キャッシュレス化によってクレジットカードを利用する機会が増えてくると、限度額にもう少し余裕が欲しいと感じる方も多いはずです。クレジットカードの限度額というのは、各カード会社の審査によって決定されているため、限度額を上げる基準や方法は異なりますが、一般的にはクレジットカードを定期的に利用し続け、かつ支払いを滞ることなくきちんと行って信用実績を積み重ねていくことで、信頼できる利用者と判断されて限度額が上がる可能性があるといわれています。カード会社によっては、これまでの利用実績と返済実績から優良会員であると判断した場合に、自動的に限度額が増やされることもあります。

また、限度額というのはクレジットカードのランクによっても異なるため、普通カードからゴールドやプラチナなどのランクの高いカードに切り替えることができれば、限度額も上がる可能性があるのです。ランクの高いカードは一般的にポイントやマイルがたまりやすかったり付帯サービスが充実していたりしますが年会費も高くなるため、カードの切り替えを検討する場合は注意しましょう。
なお、海外旅行や結婚式などのイベントで出費が増える時には、一時的な限度額の増枠申請を受け付けているクレジットカード会社もあります。ただし、この増額はあくまでも一時的なものであって、あらかじめ決められた期間を過ぎると限度額も元に戻ります。

クレジットカードの限度額には年収が大きく影響しますが、カードの利用実績を作ることで信用を得たり、ランクの高いカードに切り替えたりすることによって限度額を増やすことも可能です。クレジットカードの限度額を増やしたい方は、この記事の内容を参考にしてみましょう。