お問い合わせ

  1. ホーム
  2. タビーカTOP
  3. クレジットカード
  4. クレジットカードとは別物? デビットカードとは

クレジットカードとは別物? デビットカードとは

電子マネーやスマホ決済、QRコード決済など、キャッシュレス決済にはさまざまな種類があり、それぞれに特徴やメリットが異なります。今回は、そのなかから「デビットカード」について、クレジットカードやプリペイドカードとの違い、利用時の注意点などを詳しく解説していきます。

デビットカードとは

2019年10月に消費税増税に伴う景気対策としてポイント還元制度が導入されたことで、日本の経済市場ではキャッシュレス決済の利用が拡大しています。クレジットカードをはじめ、電子マネーやスマホ決済、QRコード決済など、キャッシュレス決済にはさまざまな種類があり、そのうちの一つが「デビットカード」です。買い物などの際に利用すると、決済と同時に契約時に登録した銀行口座から引き落としがされるという仕組みで、現金を引き出さなくても支払いをすることができます。

基本的にはクレジットカードの代わりとして使うことができるため、コンビニやスーパーでの買い物からネットショッピング、海外ATMでの現地通貨の引き出しなど幅広いシーンで利用することが可能です。主なメリットとしては、国内での使用であれば24時間365日いつでも手数料が無料のものが多いこと、銀行口座の残高が利用限度額となっているため使いすぎを防ぐことができること、デビットカードを利用するたびに通知が来るためお金の流れを把握しやすいことなどが挙げられます。

また、デビットカードのなかには、利用金額に応じてポイント付与やキャッシュバックのあるものも多く、現金で支払うよりもおトク感があるのも魅力の一つといえるでしょう。

デビットカードの主な種類

デビットカードにはさまざまな種類がありますが、そのなかでも代表的なのが「ジェイデビットカード」と「国際ブランド提携デビットカード」です。それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

ジェイデビットカード

ジェイデビットカード(J-Debit)というのは、銀行や信用金庫、労働金庫などの金融機関で発行されたキャッシュカードを、買い物などの決済時にそのままデビットカードとして使用できる便利なサービスの名称です。原則として手数料、年会費、金利は不要で、全国のJ-Debit加盟店で使用することができます。

国際ブランド提携デビットカード

ジェイデビットは金融機関が提供しているサービスなのに対し、国際ブランド提携デビットカードというのは、クレジットカード会社が提供しているサービスです。一般的なクレジットカードのように、一枚一枚に固有の会員番号・名前が表記されていて、そのクレジットカードが使える店舗であれば国内・海外問わずに利用することができます。ジェイデビットカードと比べると、利用可能な店舗が多いのが魅力です。

デビットカードとクレジットカード、プリペイドカードの違い

デビットカードはクレジットカードやプリペイドカードとどのような違いがあるのでしょうか。

まず、クレジットカードとの最も大きな違いは、クレジットカードは月一回の支払日に利用分をまとめて支払う「後払い」なのに対し、デビットカードは使用するたびに口座からお金が引き落とされる「即時決済」だということです。そのため、引き落とし口座の残高以上の金額を決済することはできません。また、クレジットカードは一括払い以外にも支払い回数を選ぶことができますが、デビットカードは即時決済のため原則として一括払いのみとなっています。

一方、プリペイドカードとの違いとしては、デビットカードは即時決済なのに対して、プリペイドカードは事前に利用金額をチャージする必要があるという点が挙げられます。もちろん、チャージ金額を超えた金額を決済することはできません。また、デビットカードは発行の対象が原則として中学生を除く15歳以上となっているのに対し、プリペイドカードは制限なしのものが多いという違いもあります。

デビットカードを利用する際の注意点

手数料、年会費、金利不要で手軽に利用できるデビットカードですが、利用の際にはいくつかの注意点もあります。デビットカード利用時に気をつけるべきポイントを詳しく見ていきましょう。

支払い回数は一括のみ

デビットカードというのは上記でも説明したとおり即時決済のため、一括払いにしか対応していません。従って、クレジットカード払いで可能なボーナス払いやリボ払い、分割払いを利用することはできません。

キャッシングに対応していない

クレジットカードについているようなキャッシング機能が、デビットカードには原則として付いていないため注意が必要です。
デビッドカードは申し込み時に登録した口座に入っている残高以上の利用はすることができません。ショッピングの際も、口座の残高以上の金額をデビットカードで支払おうとしてもエラーが表示されて決済することはできません。

24時間365日利用可能ではないカードもある

24時間365日利用できるデビットカードが多いものの、なかには利用できない時間があるデビットカードも存在しています。自分が持っているデビットカードの利用可能時間を把握しておきましょう。

ETCの発行はできない

クレジットカードを作ると、同時にETCカードを発行することができますが、デビットカードは基本的にETCカードの発行には対応していません。

デビットカードは便利な決済方法の一つですが、クレジットカードと比べると機能が限定されているため、利用時には注意が必要です。