お問い合わせ

  1. ホーム
  2. タビーカTOP
  3. クレジットカード
  4. クレジットカードの仕組みとは?メリット・デメリットや利用時の注意点も解説

クレジットカードの仕組みとは?メリット・デメリットや利用時の注意点も解説

クレジットカードを利用したいと思ってはいるけれど、基本的な仕組みや注意点がわからず不安があるという人もいるのではないでしょうか。クレジットカードはどんな点が便利で、何に気をつけて使うべきなのでしょう?クレジットカードの仕組み、利用時の注意点、使い方などについて説明します。

クレジットカードとは

クレジットカードとは、商品を購入する際に現金を直接やりとりすることなく、カードを所有する人の信用に基づいて、後払いによる決済ができるカードです。

クレジットカードを所有していれば、加盟店の店頭、インターネットを利用したショッピング、電気・ガスなどの公共料金や税金の支払いなどにそのカードを利用できます。

クレジット(credit)は信用、信頼という意味を持つ言葉です。消費者の支払い意思や支払い能力といった「信用」に基づいて商品を後払いで販売する方法は「販売信用」とも呼ばれます。販売信用には消費者と販売会社の間で直接契約して販売する方法と、クレジットカード会社などの第三者が入って三者間で契約する方法があります。このうち、クレジットカードは後者の消費者、加盟店、クレジットカード会社の三者の契約による販売方法といえます。

クレジットカードの仕組み

クレジットカードによる決済はどのような仕組みで成り立っているのでしょうか。なぜお店に現金を支払わなくても商品を購入できるのかを説明します。

クレジットカード決済の流れ

クレジットカードを使った決済は次のような流れで行われます。実店舗でもネットショップでも基本は同じです。

1.消費者がお店(加盟店)で「クレジットカード払い」を選択し、商品を購入します。ただし、この時点ではまだ現金のやりとりは発生していません。

2.消費者がクレジットカードを利用したという情報がクレジットカード会社に届くと、クレジットカード会社が消費者に代わって購入代金をお店に支払います。その際、加盟店が負担する決済手数料(加盟店手数料)が発生するため、購入代金から手数料を差し引いた金額が支払われます。

3.クレジットカード会社が購入代金の請求明細を発行し、消費者は口座引き落としなどの方法でクレジットカード会社に購入代金を支払います。

なぜクレジットカード決済が成り立つの?

クレジットカード決済が成り立つ理由は、クレジットカード会社とお店の双方にメリットがあるからです。消費者にもメリットが生じますが、それについては後述します。

クレジットカード会社はクレジットカード決済が行われるたびにお店から決済手数料を徴収し、利益を得ます。そのために消費者の代わりに購入代金をお店に支払い、後日、消費者に購入代金を請求して、消費者とお店をつなぐ役割を果たします。また多くの場合、消費者からカード年会費も徴収します。

では決済手数料を支払うことになるお店にはどのようなメリットがあるのでしょうか。クレジットカードが利用できるお店はクレジットカード会社と加盟店契約を結んでいます。消費者は現金を持っていなくても、加盟店であればクレジットカードを使って商品を購入できます。また海外からの旅行者の買い物においても両替などの手間がかかりません。そのためお店は販売機会を逃さず利益を得ることが可能となります。販売機会の損失を避けられるというのが、お店側の最大のメリットといえます。

日本のネットショッピングにおいては、クレジットカード決済が最も多く利用されてる決済方法であるのも見逃せないポイントです。従ってクレジットカード決済を導入していることが顧客満足度の向上にもつながります。加えてクレジットカード決済は客単価が高くなる傾向があり、お店の利益アップも期待できます。売上処理、経理処理の負担も軽減されるでしょう。

なお、クレジットカード決済は消費者の信用を大前提としています。そのため消費者がクレジットカードを作り、会員となる際は必ず審査が行われます。前払いであるプリペイドカード、銀行口座からの即時払いであるデビットカードとはその点が異なります。クレジットカードが利用される際にもクレジットカードの有効性、利用限度額、購入金額分の利用枠確保などの承認処理が行われます。

クレジットカード利用者(消費者)のメリット・デメリット

消費者、つまりクレジットカードを利用する側にはどんなメリット、そしてデメリットがあるのでしょうか。

最も大きなメリットは現金なしで決済ができることです。特に実店舗の場合、手持ちの現金が足りなくても、欲しいときに商品を購入し、あとでまとめて精算できます。支払いは、一括払いはもちろん、回数を指定して分割で支払うことも可能なので、高額商品の支払い負担も分散できます。ネットショッピングではクレジットカードがあれば簡単に決済が済んでしまうこともメリットとなります。

クレジットカードを利用するたびにポイントがたまることをメリットと考える人も増えています。航空会社系のクレジットカードではポイントに代わる「マイル」をためることができ、たまったマイルは特典航空券に交換できます。ほかにも旅行傷害保険やショッピング保険などの付帯保険が付いているカード、特定のお店や施設で割引や優待が受けられるカード、空港ラウンジなど特定のサービスを無料で利用できるカードもあります。2019年10月1日の消費税引き上げに際しては、対象店舗でキャッシュレス決済を利用すると利用額の5%もしくは2%が還元されるキャッシュレス還元が実施されたことも話題になりました。

これに対し、デメリットとしてはお金を使いすぎてしまうリスクがあることが挙げられます。キャッシュレスでショッピングできるためお金を使っているという感覚が薄れ、つい大きな買い物や連続買いをしてしまいがちです。またクレジットカードの返済に分割払いを利用する場合、特にリボルビング払いを選択した場合は、手数料がかさむ可能性があります。

「クレジットカード会社」と「国際ブランド」の違い

ここまで「クレジットカード会社」という言葉を使ってきましたが、これは正確には「クレジットカード発行会社」のことを指しています。クレジットカード発行会社はクレジットカードを実際に発行し、入会手続きや審査などの会員管理、サービスや特典の提供、明細書や請求書の発行などの業務を行っている会社です。クレジットカード発行会社は自社でクレジットカードを発行するほか(プロパーカードと呼ばれます)に、銀行、小売店、航空会社、鉄道事業者などの提携先と提携したクレジットカード(提携カード)も発行しています。

これに対し、「国際ブランド」とは世界各国で利用できるクレジットカードのブランドのことです。日本で使われているクレジットカードの多くはいずれかの国際ブランドが付いていて、それぞれのブランドの加盟店で使用できる仕組みになっています。

クレジットカードのランク

クレジットカードというのは、最もスタンダードな「普通カード」、その一つ上の「ゴールドカード」、さらに上のランクにあたる「プラチナカード」と、ランクが分かれています。クレジットカード会社によっても細かな基準は異なりますが、ランクが高くなればなるほど年会費も高くなり、クレジットカードをつくる際の審査も厳しくなるのが一般的です。そのため、ランクの高いクレジットカードは年齢制限や勤続年数、年収などの条件が厳しいことが多く、入手するためのハードルも高くなります。もちろん、ランクの高いカードは、特典や優待サービスの内容が充実しているなど、多くのメリットもあります。

クレジットカードの作り方

では、実際にクレジットカードを作る際の一般的な流れを詳しくみていきましょう。

①クレジットカードを選ぶ
カードのブランドだけでなく、年会費、ポイント還元率、付帯保険の有無など、細かい条件やサービスをしっかり見比べて、自分に合ったカードを選びましょう。

②申し込みをする
最近はインターネット上で手軽に申し込みができるところも増えています。氏名、性別、生年月日、住所、勤務状況、支払い口座、希望のカードブランドの必要事項を記入した後、免許証など本人確認書類も提出します。

③カード会社による審査を受ける
申し込みの際に記入した情報などをもとに、カード会社による審査が行われます。

④クレジットカードの受け取り
カード会社の審査に通過すると、郵送でクレジットカードが送られてきます。

クレジットカード利用時の注意点

クレジットカードを利用する際は、まずそのカードの利用限度額をしっかりと把握しておく必要があります。また支払期日をきちんと守ることも重要です。

仮に口座からの引き落とし時に残高が不足していると支払いが遅延し、「遅延損害金」が発生します。もしもさらに支払えない状態が続いて数カ月滞納すると、信用情報に傷が付くことになります。信用情報はクレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容、返済・支払状況・利用残高などが記載された情報です。この情報に問題があると、今後ほかのクレジットカードが作れなくなり、住宅ローンなどさまざまなローンの審査にも通らなくなってしまいます。

またクレジットカードの不正利用やなりすましなどにも注意すべきです。暗証番号を生年月日に設定したり、どこかにメモしたりすることは避けましょう。ネットショッピングではよくカード裏面のセキュリティコードの入力を要求されます。この数字も安易に他人に教えたり、SNSに画像をアップしたりしないように注意してください。表面のクレジットカード番号とセキュリティコードを知られてしまうと、不正利用されるリスクが非常に高くなります。

万一、クレジットカードの明細書を見ておかしな点があると気づいたときや、カードを紛失してしまったときは、すぐにクレジットカード会社に連絡しましょう。カードの不正利用については、本人ではない第三者によって不正に利用されたものとクレジットカード会社が認めた場合に限り、補償が適用されるのが一般的です。また、クレジットカードの紛失や盗難に気づいたときも速やかにクレジットカード会社に連絡して、カードの利用を止める手続きをしてください。被害を受けたときは所轄の警察へ被害状況を届け出ることも必要になります。

クレジットカードの基本的な使い方

最後に、初心者の方向けに、ごく基本的なクレジットカードの使い方を説明していきます。

まず、クレジットカードの裏面には自分のサインを書く「署名欄」があります。サインはそのカードの利用者を示すもので、カードを利用する際にも必要になることがあります。そのためクレジットカードが送られてきたらすぐに裏面にサインをしておきましょう。サインは漢字でもひらがなでもカタカナでも、ローマ字でもかまいません。

次に、実店舗の場合はクレジットカードが使用できるお店であるかの確認をする必要があります。レジで直接、店員さんに聞いてみるのが確実ですが、使用できるお店にはステッカーなどでクレジットカードの国際ブランドのロゴマークが掲示されています。

例えば大手コンビニであればどこでもクレジットカードを使用可能です。コンビニでの少額の買い物であれば、サインも暗証番号の入力も不要です。クレジットカードは通常、以下のような流れで使うことになります。

1.レジで店員さんに「クレジットカード払いで」と告げてクレジットカードをわたす。
2.店員さんがクレジットカード払いの処理を行う。
3.店員さんから商品とカード、レシートを受け取る。

これだけで決済が完了します。店舗によっては自身で端末(ピンパッドという端末)にクレジットカードを差し込む場合もあります。

コンビニ以外のほとんどの店舗では、サインをするか、暗証番号を入力するケースが多いはずです。

サインをする場合は、店員さんに「クレジットカード払いで」と告げてクレジットカードをわたしたあとに、金額などが書かれたレシートに似た「売上票(伝票)」を差し出されます。下の方に「ご署名」と書かれている欄があるので、そこにカード裏面と同じ自分のサインをします。最近はタブレット端末にサインをするケースもあります。

暗証番号を入力するケースでは、店員さんが差し出す端末に暗証番号を入力します。暗証番号はクレジットカードを申し込んだときに自分で決めた4桁の数字です。もしも暗証番号を忘れてしまったときは、サイン方式に変えてもらうことも可能です。

クレジットカードにおける分割払いの仕組み

クレジットカードの便利な機能の一つに、「分割払い」があります。分割払いというのはその名のとおり、買い物した金額を分割して支払うことで、電化製品など大きな金額を支払う場合に便利な方法です。ただし、分割払いというのはカード会社からお金を借りて少しずつ返済しているのと同じで、分割払いには「金利手数料」というものがかかります。そのため、分割払いの回数が多くなればなるほど、支払う総額も多くなってしまうのです。一回当たりの支払いを抑えたい場合には便利な方法ですが、分割払いを利用せずに一回で支払いをすませた方が、金利がかからずにおトクでしょう。

クレジットカードにおけるキャッシング機能の仕組み

分割払いのほかにもクレジットカードには便利な機能が付帯しています。それが「キャッシング」機能です。キャッシング機能というのは、コンビニや銀行などに設置されているATMから現金を引き出すことができる機能のことで、国内はもちろん海外でも使用することができます。ただし、キャッシング機能を使うためには、クレジットカードに「キャッシング枠」が設定されている必要があり、引き出せる現金も限度額の範囲内です。また、キャッシングの返済は、一括払いとリボ払いが一般的で、返済時には一定の利息が必要になります。そのため、やみくもにキャッシングを利用してしまわないように注意が必要です。

クレジットカードを作る際には、上記でご紹介した、申し込みの流れと使い方を参考にして、自分にあったクレジットカードを選びましょう。クレジットカードにはさまざまなメリットがありますが、その仕組みをきちんと理解したうえで、賢く計画的に使うことも大切です。クレジットカードを使ったものの、引き落としができなかったということがないように、支払い期日までに必ず入金をしておきましょう。