お問い合わせ

  1. ホーム
  2. タビーカTOP
  3. クレジットカード
  4. 税金をクレジットカードで支払うメリットと注意点

税金をクレジットカードで支払うメリットと注意点

電気料金や水道料金などの公共料金をクレジットカード払いするように、税金もクレジットカードで支払いができるのをご存知でしょうか。ここでは、税金をクレジットカード払いにするメリットや注意点などを詳しく解説していきます。

税金はクレジットカードで払える?

公共料金や保険料金、通信費といった固定費の支払いに便利なクレジットカードですが、実は税金の支払いにも利用できるのをご存知でしょうか。これまでも、一部の地方税についてはカード払いを認めている自治体もありましたが、税制改正によって2017年1月からは国税についてもクレジットカードで納付することができるようになりました。
現在では主に以下の税金がクレジットカードで支払い可能です。

国税

申告所得税および復興特別所得税、消費税および地方消費税、法人税、地方法人税、相続税、贈与税、源泉所得税および復興特別所得税、申告所得税、酒税、たばこ税、石油税、石油石炭税、登録免許税(告知分)、自動車重量税(告知分)、印紙税など。
納付方法は、「国税クレジットカードお支払いサイト」にアクセスをして、必要な手続きを行います。

地方税

住民税、自動車税、固定資産税、個人事業税、都市計画税、償却資産税、不動産取得税など。
地方税については自治体ごとに対応が大きく異なり、クレジットカード払いに対応していない地域もあります。クレジットカード払いができるかどうかは、各自治体のWebサイトで事前に確認しておきましょう。

クレジットカードで税金を支払うとおトク?

税金をクレジットカードで支払うと、納税額に応じて手数料がかかります。銀行の窓口で現金払いをした場合には手数料はかかりませんから、一見損をしているようにも見えるでしょう。ですがここで忘れてはいけないのが、マイルやポイントの存在です。クレジットカードを利用して税金を支払うことで、納税した金額の一部がポイントやマイルで還元されるため、結果的には節税と同じ効果が得られます。納税額が大きければその分だけ還元されるポイントやマイルも大きくなり、おトク感も高くなるというわけです。

税金をクレジットカードで支払うメリット

税金をクレジットカードで支払うと、主に以下のようなメリットが得られます。それぞれ詳しく見ていきましょう。

手持ちの現金がなくても支払える

クレジットカードのメリットは、手持ちの現金がなくても支払いができるという点です。自動車税などのように支払う額が大きな税金では、クレジットカード払いをすることによって、現金が引き落とされるまでに猶予ができるのも大きな魅力だといえます。

分割払いができる

納付書を使って現金で税金の支払いをする場合、支払い回数は原則として1回払いのみです。ところが、クレジットカードで税金を支払う場合には、決済方法をリボ払いにすることで、税金を実質的に分割払いにすることもできます。

税金の管理が一元化できる

クレジットカードを使って税金の支払いをすると、利用明細書に税金の種類や金額が記載されます。納付した税金の種類が一目でわかるため、税金の管理がしやすいのもメリットの一つです。

マイルやポイントがたまる

ショッピングや公共料金の支払いなどでクレジットカードを利用すると、利用金額に応じてマイルやポイントが付与されます。これは税金をクレジットカード払いにした場合も同じで、納税額が大きければその分還元されるポイントも大きくなります。

自宅で好きな時に決済ができる

銀行の窓口で税金の納付をする場合には、平日の昼間に銀行まで足を運ぶ必要がありますが、クレジットカード払いではインターネット上で手続きをするため、家や会社から好きな時間に手続きをすることができます。

クレジットカードで税金を支払うときの注意点

ポイント還元や支払いの手軽さなど、税金のクレジットカード払いには多くのメリットがありますが、その一方で気をつけるべき点もいくつかあります。クレジットカードで税金を支払うときの注意点を詳しく見ていきましょう。

決済手数料がかかる

クレジットカードで税金を支払う場合、手数料が発生します。支払う税金の金額によっては、付与されるポイントやマイルの額よりも決済手数料が上回ってしまうこともあるため注意が必要です。

領収書が発行されない

税金をクレジットカード払いにした場合、クレジットカードの利用明細書は発行されますが領収書や納税証明書は発行されません。

クレジットカード払いに対応していない税金もある

クレジットカード決済が可能な税金の種類は年々増えてはいますが、残念ながらすべての税金が対応しているわけではありません。特に地方税というのは自治体によって対応が大きく異なり、クレジットカード払いを認めていない税金もあります。

税金のクレジットカード払いには、マイルやポイントの還元、支払い時の手間の削減など、大きなメリットがあります。上記で紹介した注意点をふまえたうえで、賢く活用していきましょう。