お問い合わせ

  1. ホーム
  2. タビーカTOP
  3. クレジットカード
  4. プリペイド式クレジットカード(プリペイドカード)の特徴や使い方は?

プリペイド式クレジットカード(プリペイドカード)の特徴や使い方は?

近年におけるキャッシュレス化の流れに乗って、急速に利用者を拡大しているのがプリペイド式クレジットカード(プリペイドカード)です。通常のクレジットカードとは別にさまざまなカード会社から発行されているこのカードには、どんな特徴があるのでしょうか? 一般的なクレジットカードと比較した場合のメリット&デメリットと、おすすめしたいユーザーなどについてまとめてみました。

プリペイド式クレジットカードの特徴

最大の特徴は、その名のとおり支払い方式が「プリペイド(前払い)」である点です。一般的なクレジットカードは利用した後に銀行口座から引き落とされる“後払い式”ですが、プリペイド式クレジットカードの場合は交通系電子カードのようにあらかじめ任意の金額をチャージする“前払い式”。手持ちのクレジットカードや銀行振り込み、コンビニなどで簡単にチャージでき、その金額内であればほかのクレジットカードと同じように国内外の店舗やインターネットでのショッピングに利用することができます。

また、カード会社による与信審査や銀行口座の登録が不要のため申し込みから発行までにかかる時間が短く、早いものでは即日発行&即日利用も可能です。このようにお手軽感が特徴のプリペイドカードですが、通常のクレジットカードと同じように質問や相談ができるサポート窓口があるので安心して利用できるほか、カード会社によっては紛失・盗難による不正利用の損害を補償してくれるところもあります。現金の手軽さと、クレジットカードの便利さをあわせもつアイテムといえそうですね。

プリペイド式クレジットカードのメリット

プリペイド式クレジットカードは“前払い”なので、返済能力の有無を確認する与信審査は不要。発行時にかかる入会費や更新時にかかる年会費も基本的にすべて無料です。さらに、一般的なクレジットカードの申し込みが18歳以上からであるのに対し、プリペイド式は基本的に18歳未満、なかには保護者の同意があれば満6歳以上から申し込めるカードもあり、より多くの方が気軽に利用できるというメリットがあります。

また、あらかじめチャージした金額の範囲内でしか利用できないため、ついお金を使い過ぎてしまう心配はゼロ。支出や残高といった利用状況はスマートフォンのアプリなどで簡単にチェックできるので、お財布に現金を入れて持ち歩く感覚で支出をしっかりと管理することが可能です。

万が一紛失や盗難に遭った場合も、アプリやカード会社のWebサイトですぐに利用を停止できるため不正利用によるリスクは低め。運悪く第三者に利用されてもアプリで決済通知を受け取る設定にしておけば被害は最小限に抑えられるので、クレジットカードのように後から利用明細を見てギョッとするような状況は避けられるでしょう。

プリペイド式クレジットカードのデメリット

デメリットとしてまず挙げられるのは、事前にチャージしないと利用できないということ。一般的なクレジットカードは後から銀行口座より引き落とされますが、プリペイド式は利用時点でカードに残高がなければ決済ができません。衝動買いやムダづかいを防げるメリットはあるものの、常に残高を気にして買い物をすることにストレスを感じる方も少なくないでしょう。

「残高不足にならないよう多めにチャージすればよいのでは?」と思われるかもしれませんが、一度カードにチャージした金額は払い戻し不可。プリペイド式は日本全国のさまざまな加盟店やオンラインショップで使えるものの、利用できないショップも一部存在するほか、公共料金などの定期的な支払いには対応していないので、最初から高額のチャージをすることはあまりおすすめできません。支払い方法は「一回払い」のみで、分割払いやリボ払いなどは利用不可となります。

そして、積算されるマイルやポイントの割合がクレジットカードより少ないものが多いこともデメリットの一つ。そのほか、店舗での割引や優遇といった特典類も、やはりクレジットカードと比べると見劣りするものが多いようです。

プリペイド式クレジットカードはこんな人にオススメ

インターネットショッピングでの支払いにはクレジットカードが便利ですが、さまざまな事情から与信審査に通らずカードを持てないという方もいらっしゃいます。そんな方には、無審査で利用できるプリペイド式がおすすめです。また、クレジットカードでは使い過ぎが心配だという方にもプリペイド式が最適。事前にチャージした金額しか利用できないので、使い過ぎて支払いが滞るような事態にはなりえません。

進学や海外留学などの理由で家族と離れて暮らしているお子さんへの送金にも安心して利用できますね。このように、何らかの制限があるなかで利用するにはプリペイド式が適していますが、国内外で利用できる店舗の多さやマイル・ポイントの還元率の高さなどはやはりクレジットカードにはかないません。それぞれを比較したうえで、ご自身の使い方に合ったカードを選ぶとよいでしょう。

プリペイド式クレジットカードは優れたカードですが、利便性で比較するとやはり一般的なクレジットカードに軍配が上がりそうです。特にマイルやポイントを効率的にためるなら、プリペイド式では物足りないと感じる方も多いでしょう。検討したうえでどちらか一方を使うも、用途に合わせて使い分けるもあなた次第。迷っている方は、ぜひこの記事を参考にしてくださいね。