お問い合わせ

  1. ホーム
  2. タビーカTOP
  3. クレジットカード
  4. もうすぐクレジットカードの有効期限切れ…更新はどうする?

もうすぐクレジットカードの有効期限切れ…更新はどうする?

現在発行されているすべてのクレジットカードには「有効期限」が設定されています。有効期限を過ぎてしまったクレジットカードは利用できなくなるため、数年に一度の更新が必要です。なぜ1枚のカードをずっと使い続けることができないのでしょうか? ここでは、期限が設けられている理由や、行うべき更新手続きなどについてご説明します。

クレジットカードの有効期限を確認しよう

まずはお使いのクレジットカードに表示されている有効期限を確認してみましょう。表示場所は主にカード表面にある会員番号の下辺りで、「09/20」「09-20」「09/‘20」などとあれば有効期限は「2020年9月末」。読み順が左から「月」「年数」となるのが国際規格となります。

有効期間はクレジットカード会社によって異なりますが、入会直後は3年以内、初回更新以降は5年ほどになるのが一般的。期限が切れてしまうと店舗やインターネットショッピングで利用できなくなるだけでなく、公共料金などの定期料金の引き落としにも使えなくなるので注意が必要です。

では、なぜクレジットカードには有効期限が決められているのでしょう。一つ目の理由は「カードの老朽化対策」です。大抵のクレジットカードの材質はプラスチックです。使用する中でどうしても汚れや傷がつき、長期間使用していると次第に印刷面がかすれて見づらくなるほか、磁気ストライプやICチップが劣化して内部データを読み取れなくなることもあります。そのような事態を避けるために数年ごとに期限を設けて更新を行い、カードを新しくしているのです。

二つ目は「防犯対策」。クレジットカードを使った犯罪の手口は、年々複雑かつ巧妙化しています。そこで定期的に更新を行い、最新の防犯機能を備えたカードを利用者に届けることで、不正利用を防いでいるのです。また、更新によって有効期限が変わることは、インターネットショッピングでの防犯にも役立っています。

有効期限切れに伴う更新手続きは必要?

上記でお伝えしたとおり、有効期限が切れたクレジットカードはすべての機能を失います。しかし、有効期限が迫ってきても「急いで更新手続きをしなければ!」と焦る必要はありません。基本的にすべてのクレジットカードは「自動更新」。期限が切れる前にクレジットカード会社から新しいカードが郵送されてくるので、利用者による手続きは一切不要なのです。郵送されるタイミングはカード会社によりますが、ほとんどの場合は有効期限の約1カ月前に届くようになっています。

例えば有効期限が2020年の9月末だとすると、8月から新しいカードが順次発送され、遅くとも9月初旬までには手元に届くという流れです。古いカードはもちろん有効期限までは使用できますが、新しいカードが届いた時点で不要となりますので、早めに処分しておきましょう。

新しいクレジットカードが送られてきたらすべきこと

クレジットカードの更新手続きは不要ですが、新しいカードが送られてきたらいくつかのことをしなければなりません。まず真っ先に行うべきは新しいカードの署名欄にサインをすること。このサインはクレジットカードの利用者が所有者本人であることを証明する重要なものです。サインがないカードは店舗での利用を断られることもありますので、消えないように油性ペンでしっかりと書いてください。

表記は漢字・ローマ字・ひらがななど種類は問われませんが、防犯の観点からは画数が多く真似しづらい漢字がオススメ。店舗での決済時に書くサインは署名欄と同じでないといけないので、どの表記にしたか覚えておきましょう。

次に、クレジットカードでの支払いを設定している利用先の情報更新です。新しいカードにしてもカード番号は変わりませんが、「有効期限」と「セキュリティコード」は変更されます。毎月の家賃や公共料金などを自動的にクレジットカード決済にしている場合、登録情報の更新を行わないと支払いができなくなってしまうのです。公共料金については一部自動更新となる場合もありますが、念のため更新前にひととおり確認しておくとよいでしょう。

そして最後に、古いカードの処分も忘れてはいけません。古いカードはそのままゴミとして廃棄すると不正利用される可能性があります。必ずハサミなどを使って切り刻み、特に磁気ストライプやICチップなど個人情報が保存されている部分は細かくバラバラにしてから捨てましょう。また捨てる際は、ゴミ袋を拾われて復元されないよう、何度かに分けて捨てると安心です。

新しいクレジットカードが届かない場合の対処法

有効期限を過ぎているのに新しいクレジットカードが届かない、そんな時はどうしたら良いのでしょうか。届かない理由として考えられるのは、配達時に不在にしていて受け取れなかったケースです。クレジットカードは、基本的に申し込んだ本人でないと受け取ることができません。不在通知を見落としているか、かわりに対応した家人があなたに伝え忘れている可能性が考えられます。

まずは心当たりを確認し、不在通知の保管期間内であれば配送業者に連絡して再送の手続きを。保管期間を過ぎている、または不在通知が見つからない時は、直接カード会社に連絡を取りましょう。また、カードの更新前に引越しをしていた場合、郵便局に転送届を提出していても、クレジットカードは防犯上の理由から転送してもらえません。カード会社に新たな住所や電話番号などを伝えた上で再送の手続きを取ってください。上記に該当しない場合、何らかの理由で更新ができなかった可能性もありますので、まずはカード会社に問い合わせてみるとよいでしょう。

クレジットカードは有効期限が切れる前に自動的に更新され新しいカードが届きます。更新手続きは不要ですが、新しいカードが到着したらやるべきことや、届かなかった場合の対処法は覚えておいた方がよいでしょう。有効期限が近づいて来たら上記のことを確認しておくと、スムーズに更新ができますよ。