お問い合わせ

  1. ホーム
  2. タビーカTOP
  3. クレジットカード
  4. クレジットカードの安全性を守る仕組みとセキュリティ対策

クレジットカードの安全性を守る仕組みとセキュリティ対策

ECサイトの増加やキャッシュレス化の加速により需要が高まるクレジットカード。その一方で不正利用のリスクも懸念されていますが、現在のクレジットカードには安全に利用するためのさまざまな仕組みが備わっています。 日々何気なく使用しているカードに搭載されたセキュリティ機能と、より安全性を高めるために私たちが取るべき対策についてご紹介しましょう。

クレジットカードの盗難や不正利用の被害には保険が適用される

クレジットカードには紛失・盗難保険が付帯されており、不正利用の被害にあった場合はほとんどのケースでクレジットカード会社の補償が受けられます。
保険が適用されるのは多くの場合、クレジットカード会社に紛失・盗難の届けを出した日からさかのぼって60日前までの損害額。補償の対象となれば自己負担額はゼロですが、普段から安全に気を配りきちんとカードを管理しておかなければいけません。

クレジットカードの安全性を守る仕組み

クレジットカードには、悪質な犯罪からあなたの財産を守るためにこんな仕組みが用意されています。

ICチップ

ICチップとはIC(Integrated Circuit=集積回路)を組みこんだ小さなチップです。現在発行されているほぼすべてのクレジットカードには、カード所有者の情報を暗号化して保存したICチップが搭載されています。
以前使われていた磁気ストライプ(磁性体の帯)より複雑な構造をしているため、情報を読み取るには専用の機器が不可欠。さらに、ICチップには一般情報と秘匿情報が別々の領域に格納されており、これを解析・再現することは非常に困難であるため、クレジットカードの情報を読み取って偽造する「スキミング犯罪」の被害を防ぐことができます。
また、ICチップ付きクレジットカードに対応した端末を設置している店舗では、サインではなく暗証番号で本人確認を行います。第三者による不正利用を抑制するだけでなく、利便性の点でも大きなメリットと言えるでしょう。

セキュリティコード

セキュリティコードとは、主にクレジットカードの裏面に記載されている3桁または4桁の数字のこと。カード内部に記録された磁気情報と違って直接カードに印字されているため、市販の磁気リーダーを使って不正に読み取る「スキミング」で個人情報を盗み出すことはできません。
また、セキュリティコードは伝票などにも決して表示されない“カード会員本人のみが知る番号”です。インターネットのクレジットカード決済時にこの番号を入力することで、利用者の手元にカードがあることを証明すると同時に、第三者による不正利用を防ぐことができます。
ただし、実在の企業や店を装ったサイトに誘導し、個人情報を入力させて盗みだす「フィッシング詐欺」には要注意! 身に覚えのないメールからのリンクや怪しいサイトには近づかないようにしましょう。

3Dセキュア

オンラインショッピングでのクレジットカード決済を安全に行うために導入された「本人認証サービス」のこと。従来の決済システムではカード番号や有効期限などクレジットカードに記載された情報のみを入力していましたが、3Dセキュアに対応しているクレジットカードを利用する場合、それに加えてカード発行会社のWebサイトで事前登録した本人認証パスワードを入力します。
本人認証パスワードは本人しか知らない情報であるため、不正入手したクレジットカード情報を用いる“なりすまし”などの被害を未然に防ぐことができるのです。

クレジットカード利用者のセキュリティ対策

高度な機能を備えたクレジットカードも、利用する私たちがセキュリティ意識を持たなければ被害を防ぐことはできません。私たちがやるべき対策には以下のようなものがあります。

クレジットカード裏面の署名欄には必ずサインを書く

紛失や盗難により署名のないカードが第三者の手にわたった場合、勝手に記入されて使われる可能性があります。

4桁の暗証番号は他人に推測されにくい数字に設定

生年月日や電話番号の一部など単純な数字に設定した場合、不正利用をされても盗難・紛失保険の補償対象外となるかもしれません。

クレジットカードの貸し借りをしない

カードを利用できるのは会員本人のみ。たとえ相手が家族や親族でも、カードの貸し借りをすることは規約違反です。本人以外が利用して盗難被害に遭っても保険は適用されません。

複数のクレジットカードを持ち歩かない

何枚ものクレジットカードを持って外出することは、盗難・紛失の可能性を高めることにほかなりません。利用予定のないカードは自宅に保管するか解約をして被害に遭うリスクを減らしましょう。

利用明細は毎月必ずチェックする

不正利用による被害が補償されるのは、多くの場合カード会社に紛失・盗難の届け出をした日から60日前までの損害額のみ。被害に気づかず補償期間が経過すると補償されません。利用明細に覚えのない支払があればすぐカード会社に確認しましょう。

フィッシング詐欺に注意する

メールで悪質なWebサイトに誘導してクレジットカードの情報を入力させる「フィッシング詐欺」が横行しています。重要な情報の入力を促すメールにはご注意ください。

高度なセキュリティ機能を備えているクレジットカードですが、より万全を期すためには私たち利用者がその仕組みを理解し、適切に扱う必要があります。日々しっかりと安全意識を持ち、クレジットカードのある便利な生活を謳歌しましょう。