お問い合わせ

  1. ホーム
  2. タビーカTOP
  3. クレジットカード
  4. クレジットカードが不正利用されたときの対処法と被害に遭わないための対策

クレジットカードが不正利用されたときの対処法と被害に遭わないための対策

現金を持ち歩かなくても手軽にスマートに買い物や食事を楽しめるクレジットカード。 とても便利な反面、不正利用された場合の損害を考えると、紛失や盗難によるリスクは現金以上です。もしも不正利用の被害に遭ったらどのように行動すればよいのでしょうか? 万が一の時にも冷静でいられるよう、どのような方法で対処すればよいのかを学んでおいてください。

クレジットカードは不正利用されても全額補償される

いつも財布に入れているはずのクレジットカードが見当たらない!となれば、紛失や盗難、そして不正利用の可能性を考えてパニックになる方も多いでしょう。しかし、慌てることはありません。原則として、すべてのクレジットカードには紛失・盗難保険が付帯しています。

別途申し込みをする必要はなく、クレジットカードを契約すれば自動的に加入することになりますので、万が一不正利用をされても大丈夫。本人に過失がなく補償の期間内に届けを出していれば、損失額の大小に関わらず全額が補償の対象となるのです。

また、補償はクレジットカードの紛失・盗難時だけではありません。ネット通販で利用したECサイトなどからの情報漏洩や、なりすましメールで偽サイトに誘導するフィッシング詐欺、クレジットカードの情報を盗み取るスキミングなど、カード自体が手元にある状態で発生した不正利用についても適用されます。心を落ち着けて、次にすべきことを考えましょう。

クレジットカードの不正利用で使われる手口

クレジットカードが不正利用される原因の中で、最も多いのが「フィッシング詐欺」です。フィッシング詐欺では、攻撃者はカード会社などの名前を騙り、「不正アクセスがあったので確認してください」といった内容のメールを送ります。受け取った側がメールに記載されたURLを踏んでリンク先の偽ページにアクセスし、カード番号やセキュリティコードを入力するとその情報が盗み取られてしまうのです。

似たような手口として、偽のオンラインショッピングサイトに架空の商品を掲載し、カード決済を装ってカード情報を入力させてそれを盗む「オンラインショッピング詐欺」もあります。

また、攻撃者がオンラインショッピングなどに不正アクセスして入手したカード情報を売却するなどして「情報漏えい」してしまうケースも見られます。カード情報が売買されると一気に被害額が大きくなる危険性があります。

一方、インターネットを介する形ではなく、カード自体を使った手口の代表といえるのが「スキミング」です。スキミングはスキマーと呼ばれる装置を使ってクレジットカードの磁気ストライプの情報を読み取り、同じ情報を書き込んだ偽造カードを作って不正利用する犯罪行為です。店の決済用端末や銀行・コンビニなどのATMに知らない内にスキマーが仕込まれていたり、ゴルフ場やジムなどのロッカーが荒らされてクレジットカードがスキミングされたりといった事例が考えられます。

なお、第三者が不正に入手したクレジットカード情報、あるいは偽造カードや盗んだカードを使ってカード所持者に成り代わってカードを不正利用することを「なりすまし」と呼びます。

不正利用の被害に遭う原因と対策

クレジットカード会社はもちろん、オンラインショップや実店舗などでもクレジットカードの不正利用を防ぐための対策を講じています。

それとあわせて、クレジットカードを利用する個人も被害に遭わないよう対策をとることが大事です。たとえばフィッシング詐欺に対しては、カード会社や銀行の名前を使ったメールだとしてもそのような詐欺の手口があることを知っていれば慎重に行動することができます。リンク用のURLが正式なURLかどうかを確認すればある程度怪しいサイトを見分けられるでしょう。

カード情報を含む個人情報の入力を促すフォームが表示されたときは、SSLという通信内容を暗号化する技術が使われているページかどうかを確認する必要もあります。SSLに対応していればアドレスバーの左端に鍵アイコンが表示されています。鍵アイコンをクリックして「証明書」を表示すると、発行元を確認することも可能です。

偽ページにアクセスするとマルウェアに感染させられ、そこからカード情報が窃取されることもあります。これを防ぐため、パソコンにセキュリティ対策ソフトをインストールしておくことも必須です。

さらに、オンラインでのクレジットカード決済をよく利用するなら、「3Dセキュア」に対応しているカードの利用をおすすめします。3Dセキュアは、クレジットカード情報に加えて3Dセキュアパスワードによる本人認証を行う技術で、これにより第三者によるなりすましやオンラインショッピング詐欺を防ぐことができます。

また、Webサービス利用時以外にも注意は必要です。盗難やスキミングの被害に遭わないよう、クレジットカードの入った財布やバッグの取り扱いや、クレジットカードの使用時にも注意しておきましょう。スキミングに対しては、磁気ストライプではなくICチップが組み込まれたカードを利用するほうが、安全性が高くなります。

不正利用かも?と思ったらまず確認すべきこと

クレジットカード会社のWebサイトで利用明細書をチェックしたら、身に覚えのない請求が……。「まさか不正利用では!?」と焦ってクレジットカード会社に電話をかける前に、確認すべきことがあります。まずは、明細書にあるショップ名と日付を見直し、本当に自分で利用していないかどうかを思い返してみることです。ショップやサービスによっては、実際に利用した日と請求日が異なる場合があるため、実は自分で使った記録だったということも少なくありません。

もうひとつは、身内の誰かがあなたのクレジットカードを無断で使用した可能性です。クレジットカードは原則的に名義人のみが使用できるもの。とはいえ、男性名義のカードを女性が使えばショップ側でも指摘できますが、父親のカードを息子が使う、姉のカードを妹が使うなどといったケースでは指摘が難しく、そのまま利用できてしまう可能性があります。不審な記録がある時は、念のため家族にも確認した方がよいかもしれません。

クレジットカードの不正利用が発覚したときの対処法

クレジットカードを不正利用されたら誰でも冷静ではいられませんが、いざという時に慌てないよう、以下の流れを頭に入れておきましょう。

第三者による不正利用が発覚したら、まずすべきことはクレジットカード会社への連絡です。通常のカスタマーサポートとは別に24時間対応の紛失・盗難時専用コールセンターが設置されていますので、そちらに電話をかけて状況を伝え、これ以上悪用されないようクレジットカードの利用停止手続きをしてください。クレジットカードの再発行も必要となりますので、再発行手続きの手順なども、確認しておきましょう。

次に、警察に被害届を提出します。インターネットの「電子申請サービス」で提出することもできますが、利用開始までに時間や手間がかかる場合があるため、時間があれば直接交番や警察署へ出向くと良いでしょう。届け出が受理され受付(届出)番号が通知されたら、再度クレジットカード会社に連絡。この番号はあなたが警察に届け出た証明であり、紛失・盗難保険を適用するために欠かせないものですので、速やかに伝えてください。ここまでの一連の流れを覚えておくと、スムーズに対応できるでしょう。

クレジットカードの不正利用で補償が受けられないケース

クレジットカードが不正利用された場合、そのほとんどはカード付帯の紛失・盗難保険により全額が補償されますが、わずかながら例外があることも忘れてはいけません。それは、名義人に何らかの過失があるために保険が適用されない場合です。詳細な条件はクレジットカード会社によって異なりますが、一般的に補償の対象外となり得るいくつかのケースをご紹介します。

もっとも多く見られるのはカード裏面に署名をせずに利用しているケースです。署名のないカードは原則として使えないため、空欄のまま利用していると規約違反とみなされてしまいます。次に多いのは、推測されやすい暗証番号を設定しているケース。例えば連番やゾロ目、誕生日や車のナンバーなどは第三者にバレやすく、そのせいで被害に遭った場合は名義人の“管理不足”と判断される可能性があります。カードを家族や他人に貸す、盗まれやすい場所に保管するなども同様です。

そして、管理に問題はなくても、不正利用に気付くのが遅れてカード会社への連絡が補償期間(多くの場合被害発生から60日以内)を過ぎてしまったケース、また、カード会社には連絡したものの警察に被害届を出し忘れて補償対象外となるケースもあります。被害に遭っても補償を受けられるよう、しっかり対策しカードの厳重な管理とマメな明細チェックを心がけましょう。

クレジットカードが不正利用されても、焦らず落ち着いて行動してください。適切に対応すれば、基本的には全額を補償してもらえます。ただ、補償の内容や条件はクレジットカード会社によって異なりますので、あらかじめ確認しておき、まず何をすべきかを頭に入れておいてください。

同時に、カード情報を盗み取られるなどして被害に遭わないよう、自分自身で対策を考えておくことも重要です。クレジットカード選びをするときは3Dセキュアなどに対応したカードかどうかも確認しておきましょう。