お問い合わせ

  1. ホーム
  2. タビーカTOP
  3. マイル・マイレージの基礎知識
  4. ワンワールドとは? 航空会社のアライアンスについて解説

ワンワールドとは? 航空会社のアライアンスについて解説

「アライアンス」は、英語で「提携」や「同盟」を意味する単語です。航空業界では、複数の航空会社が集まって結成した「アライアンス」が存在。業務提携を行うことで、魅力的なサービスを提供しています。そんなアライアンスの具体的なシステムや、主要なアライアンスについて見ていきましょう。

航空会社のアライアンスとは

アライアンスとは、世界各地の航空会社が相互協力を目的として結成した組織のこと。別名「航空連合」や「国際航空連合」とも呼ばれています。航空会社間における連合組織のはじまりとされているのは、1989年のKLMオランダ航空とノースウェスト航空による業務提携。その後、航空業界の規制緩和や競争の激化など動きによっていくつもの組織が生まれると共に、組織の規模もよりグローバルに拡大していきました。現在は「ワンワールド」「スターアライアンス」「スカイチーム」という3大アライアンスが世界の中心となっています。

同一アライアンス内で行われるのは、コードシェア便(複数の航空会社で飛行機を共同運航する便)の運航、乗り継ぎ空港で行う各種手続きの簡略化、マイレージプログラムの相互利用、上級会員用のチェックインカウンター提供や手荷物返却優先タグの貼付、空港ラウンジサービスの共有など。こうした業務提携によるサービスは利用者にとって便利であるだけでなく、航空会社にとっても世界中にネットワークを拡大できるという利点があるのです。

利用者がアライアンスを意識するメリット

どの航空会社を利用するかは気にしても、その会社がどのアライアンスに加盟しているかを意識する方は少ないかもしれません。しかし、日頃から飛行機を頻繁に利用する方にとっては、旅を左右する重要な事柄といえそうです。

ある航空会社の「マイレージプログラム」に加入している場合、同じアライアンスに加盟している別の航空会社を利用してもマイルが加算されます。そしてマイルをためて上級会員になれば、“加盟しているアライアンスの上級会員”として扱われ、同一アライアンスの航空会社であればどこを利用しても同等のサービスや特典が受けられるのです。

もちろん、上級会員専用の豪華なアライアンスラウンジも入室OK! 今後、利用する航空会社を選ぶ時や、どこかのマイレージプログラムに加入する時などは、アライアンスも考慮してみてはいかがでしょうか。

主要なアライアンス

アライアンスのなかでも特に大規模なグループとされているのが「ワンワールド」「スターアライアンス」「スカイチーム」。世界の主要航空会社のほとんどが、この3大アライアンスのいずれかに加盟しています。

ワンワールド

1999年2月1日設立。現在は、設立時から加盟しているアメリカン航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、キャセイパシフィック航空、カンタス航空、2007年に正式加盟したJALなど13の航空会社が名を連ね、世界約150か国、1,000以上の都市に就航しています(2020年5月現在)。日本のJAL、オーストラリアのカンタス航空など加盟航空会社には各国を代表するフラッグキャリアが多く、上質かつ安定したサービスを受けられるのがメリット。

また、JALを含む11社が日本に就航しているため、日本在住の方にはマイルを獲得しやすいというのもポイントです。加盟航空会社の上級会員になると同時にワンワールドの上級会員の資格も与えられ、専用チェックインカウンターや世界650カ所以上にある専用ラウンジの利用、空港での優先搭乗などさまざまな特典が受けられます。

加盟航空会社一覧

・アメリカン航空
・ブリティッシュ・エアウェイズ
・キャセイパシフィック航空
・フィンエアー
・イベリア航空
・日本航空(JAL)
・マレーシア航空
・カンタス航空
・カタール航空
・ロイヤル・エア・モロッコ
・ロイヤル・ヨルダン航空
・S7航空
・スリランカ航空

スターアライアンス

1997年5月14日に設立された、3つのなかで最も歴史の長いアライアンスです。現在は26の航空会社が加盟し、世界約190か国、1,300以上の都市に就航しています(2020年5月現在)。加盟航空会社数が多く、世界各地へのシームレスな移動が可能。特に北アジアとアメリカ方面への路線が多いのが強みです。

スカイチーム

2000年6月22日設立。現在は19の航空会社が加盟し、世界170か国以上、1,000以上の都市に就航しています(2020年5月現在)。アメリカへの路線が少ない分、中国各地への路線が豊富で、比較的低料金の航空会社が多いのも特徴。日系の航空会社は非加盟となっています。

あなたがよく利用する航空会社が加盟しているアライアンスを知れば、有意義な旅をしたり、お得にマイルをためたりすることができるでしょう。上記を参考にして航空会社のアライアンスを理解し、賢く利用しましょう。