お問い合わせ

  1. ホーム
  2. タビーカTOP
  3. マイル・マイレージの基礎知識
  4. 法人カードでマイルをためる方法とそのメリット

法人カードでマイルをためる方法とそのメリット

個人カードと比べて効率的にポイントをためやすい法人カード。出張などで頻繁に飛行機を利用する企業の経営者のなかには、法人カードでマイルをためられないのだろうかと疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、法人カードを利用してマイルをためる方法とそのメリットについて詳しく解説していきます。

マイル、マイレージプログラムとは

マイル(マイレージ)というのは航空会社が提供しているポイントプログラムサービス「マイレージプログラム」でたまるポイントのことです。大手家電量販店などのポイントカードと基本的な仕組みは同じで、たまったマイル数に応じてさまざまな特典を受けることができます。代表的なものとしては、飛行機に無料で乗れたり、座席をエコノミーからビジネスにアップグレードしたり、マイルを電子マネーや商品と交換したりすることが可能です。

マイルは飛行機を利用するたびにたまりますが、それ以外にもショッピングや公共料金をマイレージプログラムに対応したクレジットカードで支払うことで、利用金額に応じたマイルをためることもできます。

なお、マイレージプログラムというのは航空会社ごとに提供されているため、JALの飛行機に乗った場合にはJALのマイルが、そのほかの飛行機に乗った場合には、その航空会社のマイルがたまることになります。ただし、JALは複数の航空会社で構成される「ワンワールド アライアンス」に所属しているため、同じワンワールド アライアンスの航空会社であればJAL以外の飛行機でも同じマイルとしてためることが可能です。

法人カードでマイルをためる方法

飛行機を利用するたびにたまるマイルというのは、原則としてその飛行機に搭乗した個人に付与されるもので、企業などの法人は対象外となっています。では、法人カードでマイルをためる方法がゼロかというと、そういうわけではありません。ここでは、法人カードでマイルをためる代表的な方法を詳しく見ていきましょう。

航空会社の法人カードでフライトマイルやボーナスマイルをためる方法

個人用カードよりも種類が限定されますが、法人カードのなかにはマイルをためることができるものもあります。法人用JALカードなど航空会社が発行している法人カードがそのひとつです。

法人カードでためたポイントをマイルに移行する方法

法人カードがマイレージプログラムに加盟している場合、そのカードを利用してたまったポイントをマイルに交換することができます。出張などで飛行機を利用する場合だけでなく、仕入れや会社で使う備品など、ショッピング利用時にも法人カードを使うことで、効率的にポイントをためてマイルに移行することができます。

ただし、利用している法人カードの種類によっては、マイル移行時に手数料が発生することも。法人カードを使ってマイルをためる場合には、事前に還元率や手数料についてリサーチしておくことも大切です。

そもそも法人カードとは

「法人カード」というのは、その名のとおり会社や個人事業主といった企業や法人に対して発行されるクレジットカードのことです。中小企業や個人事業主など、20名以下の規模に発行する法人カードを「ビジネスカード」、20名以上の大手企業に発行する法人カードを「コーポレートカード」と区別して呼ぶ場合もあります。法人カードの名義は原則として、その企業や法人に所属する個人で、利用できるのもカードの名義となっている個人に限ります。

個人カードとの違いとしては、法人カードの場合は支払いの口座に会社名義の法人口座を指定することができるという点です。ただし、個人カードがリボ払いや分割払いを利用できるのに対し、法人カードの支払いは原則として1回払いのみとなります。また、限度額については、個人カードと比べると法人カードの方が限度額は大きく設定されているのが特徴です。

法人カードでマイルをためるメリット

では、実際に法人カードを使ってマイルやポイントをためることで得られるメリットについて、詳しく見ていきましょう。

経費の節減ができる

法人カードというのは個人カードと比べて利用額が大きいため、効率良くポイントをためてマイルに移行することができます。出張で利用する飛行機の航空券の購入でポイントがたまるだけでなく、オフィスの光熱費、公共料金の支払い、仕事で使う携帯やパソコンの通信費、法人税、交通費など、クレジットカード払いができるものをすべて法人カードで支払うことで、たくさんのポイントをためることができるため、より還元率の高い法人カードを利用することで経費節減効果が期待できるというわけです。

カードの付帯保険にも注目

法人カードのなかには、出張先で事故に遭った際の補償が受けられる旅行傷害保険が付帯しているものもあります。社員の出張などが多い企業では、万が一の備えとして大きなメリットになるのではないでしょうか。

法人カードでもマイルをためることができます。上記でご紹介した内容を参考にして、法人カードでマイルをためて上手に活用してみてはいかがでしょうか。