JALカード航空教室 伊丹 イベントレポート

開催日

2019年12月1日(日)

12月1日に「JALカード航空教室 伊丹」を開催しました。

恒例となった伊丹空港での航空教室!
今年もJ-AIR社の全面協力をもと、午前の部はお子さまとご一緒に、午後の部は大人だけの航空教室を開催しました。
その模様をお客さまのお声と共にお届けいたします。

最新鋭の飛行機とご対面 格納庫見学・撮影会

画像

伊丹空港の格納庫にて、JALエンジニアリングの4名の整備士の方より飛行機についてお話しいただきました。お子さまだけではなく、大人の方も興味津々で整備士の話に耳を傾けていました。
今回格納庫に入っていた機材は「エンブラエル190」。J-AIR初となるクラス Jの導入機材であり、参加者は快適な客室空間を想像しながら、写真をたくさん撮っていました。

J-AIRらしさを垣間見た 客室乗務員・パイロットの講話

画像

J-AIRの客室乗務員とパイロットの講話は、それぞれの仕事の裏側などをスライドを使ってお話しいただきました。客室乗務員の方はそれぞれ自分の「似顔絵シール」を持っているという、なんともJ-AIRらしい温かいサービス!パイロットの話の中では、航空路図に記載のある各拠点の名前の付け方について参加者はとても興味をもち、中には提案する参加者もいました!

この機会に聞いてみよう パイロットのフライトバッグ、質問タイム

画像

パイロットがいつどんなものを持って、飛行機に乗っているのか、いろいろなアイテムを紹介しました。午前の部・午後の部でも出た質問は「どこのサングラスを使っていますか?」。
紫外線を守るための必需品なので、それぞれ自分に合うものを使っているようです。

本番さながらに体験! 客室乗務員訓練体験

画像

モックアップといわれる客室乗務員の訓練施設で、機内アナウンスや救命胴衣体験、緊急脱出訓練などを体験しました。客室乗務員になりきって機内アナウンスを実演してみたり、緊急脱出訓練では実際に煙などで演出するなど、日ごろ行われている客室乗務員の訓練を体験しました。

  みんなで記念撮影

画像

午前の部に参加の皆さまです。飛行機が間近で見られて楽しかったですね!ご参加いただき、ありがとうございました。

  大満足の笑顔です

画像

午後の部に参加の皆さまです。飛行機の世界を満喫できましたね。ご参加いただき、ありがとうございました。

参加者のお声 ~全体のご感想~

画像

普段は絶対に見れない距離から飛行機の様々な部分を見ることが出来、とても楽しかったです。貴重な経験をさせて頂き、有難うございました。

機会があればまた、参加したいと思います。とても充実し、貴重な体験をすることが出来ました。感謝感謝です。

どれもこれも貴重な体験で充実した1日になりました。飛行機の格納庫とかも映像では見たことがあったがやはり目の前にすると迫力がありロマンを感じました。ありがとうございました。

親子で参加できるこのようなイベントは有意義な時間でした。