社員写真 社員写真

データマーケティング推進室

2013年入社/経済学部卒

内海 聖也Seiya Uchiumi

社員写真

社内のつながりが強く
信頼できる仲間がいるからこそ
働きやすい環境

データという客観的事実から
自ら課題を考えられる環境に幸せを感じる

2013年に入社し、カード発行・管理部へ配属。その後、営業部 営業第二グループと業務・企画グループを経て、現在はデータマーケティング推進室でデータの分析を担当。さまざまなデータをもとに当社の課題を顕在化させ、お客さまにこれまで以上に「JALカードを持っていて良かった!」と思っていただくための解決策を検討し、会社全体に発信しています。データという客観的事実から、自ら当社の課題を考える環境で仕事ができることに、とてもやりがいを感じています。

社員写真

JALグループの
つながりの強さを実感
それによって得られた貴重な経験も

グループ各社と連携を取りながらデータを分析

当社以外にもJALグループ各社にデータ分析やそのサポートをしている部門があり、分析手法やAIなどの新しい分析技術の情報交換を担当者と定期的に行っています。JALグループの横のつながりの強さと、その大切さをあらためて実感する日々です。
JALグループのつながりがあったからこそ得られた貴重な経験が多くあります。

社員写真

毎日、“ありがとう”が飛び交う温かい職場

明るい雰囲気の社員が多い会社なので、仕事環境はとても快適です。仕事の場では、良い意味で喧々諤々と議論をしますが、合間や休憩時間は趣味のサッカーや音楽の話題などで盛り上がります。毎日、“ありがとう”という言葉が飛び交う、温かい職場です。また、同期と映画を観たり、先輩ともオンオフ問わずに気軽に集えたり、とても楽しく働いています。

私が大切にしているJALフィロソフィ

見えてくるまで考え抜く

お客さまが今まで以上に「JALカードを持っていて良かった!」と思っていただくためには、「どんな取り組みが必要なんだろう?」もしくは、「どこに"ペインポイント"をお持ちなんだろう?」と常に自分に問いかけながら日頃の分析業務にあたっています。見つけたと思っても1日経って考え直してみると「何か違うな」と思うことの連続、そもそも決まった答えはないと思いますが、だからこそ、考え抜くことを大切にしています。この考え抜くことが、直接お客さまの表情を拝見することはできなくても、データを通じてお客さまの想いを少しでも汲み取ることにつながると信じています。

ONE DAY “内海 聖也”

9:00

取引先との打ち合わせ

社内スペースなどを使い、外部企業の方々と打ち合わせ。

社員写真
10:00

データ分析

担当したデータの分析結果から、適切な施策や解決案を探ります。

11:30

社内打ち合わせ

新しく挑戦したいと考えている企画や課題を提案します。

12:00

お昼休み

同期や先輩と社内でランチ。

13:00

デスクワーク

データの分析資料や打ち合わせに提出する会議資料を作成します。

社員写真
15:00

JALグループの担当部門との打ち合わせ

データの分析手法や新しい分析技術の情報交換をします。

17:00

デスクワーク

長期的な施策の進捗管理や翌日以降のスケジュールをチェック。

18:00

退社

カフェでゆっくり。趣味のひとつである旅行の計画を立てることも。

就活生へのメッセージ

社員写真

就職活動は難しく考えずに
自分なりに楽しむくらいがちょうどいい

とにかく楽しむこと!就職活動は学生生活では経験しないようなことばかりで、思いつめてしまう日もあるかと思います。しかし、そんなときこそ、エントリーシートにこんな仕掛けをしたら目に留まるかな、自己PRでこの話をしたら面接官が興味を示してくれるかな、など想像を膨らませながら楽しむくらいがちょうど良いかもしれません。数ある企業のなかから、もしJALカードにご縁を感じていただけたなら、ぜひ一緒にJALの翼を支えていきましょう!

社員写真 社員写真

SEIYA's
PRIVATE

何も考えず
頭を空っぽにする
自分の時間

データマーケティング推進室

2013年入社/経済学部卒

内海 聖也Seiya Uchiumi

社員写真

忙しい毎日だからこそ
オフはメリハリのある時間を大切に

“アクティブ”も“ゆったり”も楽しむ

社会人になるとあまり自分の時間を持てないと思っていましたが、土日や平日の夜などはまとまった時間が意外とあります。平日の夜のうち1日は外食でおいしいごはんを食べる、土日は1日だけアクティブに活動し、もう1日は家でゆっくりするなど、頭を空っぽにする時間をつくることを大切にしています。

アクティブに過ごす日は、全国各地へ旅行をすることも。特にご当地ラーメンやB級グルメなど、その土地ならではのものを食べると、お腹も心も満たされます。

また、毎週末に銭湯に行くことをルーティンにしています。サウナで汗をかいて、頭のなかをリフレッシュさせてから翌週の仕事に備えています。
そのほかにも、同じ大学を卒業したJALグループの仲間と懇親会を行うなど、オンオフ問わずに社員と交流しています。

社員写真

頭をリフレッシュさせることが
仕事の効率化に
良い影響を与えている

自分と向き合える時間も大切

頭をリフレッシュさせることが仕事の効率化に一役買っています。仕事中に考えてもうまくいかなかったことが、プライベートの時間を挟み、一度忘れることでうまくいくこともあるので、オフの時間の過ごし方も疎かにできません。靴磨きも趣味のひとつですが、きちんと手をかけることで自分の気持ちも整っていき、思考もまとまる。自分と向き合える静かな時間も大切にしています。

社員写真