社員写真 社員写真

営業部 営業第一グループ

2019年入社/文学部卒

伊藤 清香Sayaka Ito

社員写真

JALグループの仲間と一緒に
「JALのファンを増やす」

グループ各社と連携した
販売促進企画に従事

2019年に入社後、JALカードの販売促進企画を担っている現部署に配属となりました。配属後、学生専用カード「JALカード navi」の担当を経て、同年冬からは関東・九州・沖縄エリアの施策全般を担当しています。例えば、担当エリア内の各空港で展開している「JALカードご入会カウンター」の運営企画・管理なども重要な担務のひとつ。多くのお客さまにJALカードに興味をおもちいただけるよう、JALグループ各社(日本航空/JALセールス/JALスカイなど)と連携を密に取りながら、日々取り組んでいます。

社員写真

「JALのファンを増やす」
共通目標でつながる仲間と
仕事をする充実感

さまざまな施策に挑戦し、さらに成長していきたい

JALグループで働くさまざまな職種の仲間と仕事をするなかで、改めて実感したのは、「JALカード会員のお客さまが増えることが、JAL便への送客やグループの増収に大きくつながり、ひいてはJALのファンの拡大につながる」ということ。
まだまだ力不足を痛感する毎日ですが、自分の仕事に大きなやりがいを感じています。今後も、JALのファンを拡大する現在の仕事に誇りと責任をもち、担当エリアで新しい施策の企画・実施に挑戦していきます。

社員写真

納得がいくまで、とことん付き合ってくれる
そんな社風で働ける環境に感謝

私のような若い世代にも大きな仕事を任せてくれるほか、実現に向けてサポートしてくれる現在の職場にとても感謝しています。「考えているけど、言い出しづらい」などということも、もちろんありません。私の疑問に真摯に向き合い、納得がいくまで議論をともにしてくれる上司、アイデアベースでも親身になって相談にのってくれる同僚と日々過ごすことのできる環境は私の自慢のひとつです。

私が大切にしているJALフィロソフィ

最高のバトンタッチ

私の担当業務には、JALグループの仲間の協力なしには実現できない企画や施策が多くあります。「一便のフライトを運航するため」に全国各地で様々な業務にあたるJALグループ社員と接する中で、業務の内容は違えど同じ目的に向かって仕事をしているのだと実感させられます。JALカードの使命は「JALカード会員を増やし、JAL便にご搭乗いただき、JALのファンを増やすこと」だと考えています。私たちの業務のその先にはバトンを受け取る仲間がいることを意識しながら、「最高のバトンタッチ」といえるような仕事ができるよう私自身も日々精進します。

ONE DAY “伊藤 清香”

8:45

出社・メールチェック

1日のToDoリストの確認とメール対応をします。

社員写真
9:30

実績確認

担当エリア・担当施策の進捗を確認。

10:00

社内打ち合わせ

今後の施策について協議などを行います。

11:00

資料作成

説明資料や提案書などの作成に取りかかります。

12:00

昼食

同期と一緒にランチをすることも。

社員写真
14:00

営業

取引先企業へ訪問し、新施策を提案します。

16:00

企画書作成

施策を実行するため、企画書を整理する時間。

18:00

退社

たまに自炊します。

就活生へのメッセージ

社員写真

自分のなかで「これだ!」という答えが見つかるまで考え抜く
その後の社会人生活のために、今やってほしいこと

就職活動はひたすら自分と向き合うことのできる貴重な機会だと思います。会社に入って仕事をしているなかでも、「この会社に入って、どんなことをやってみたかったのか」初心に返ることが多々あります。「私の軸は、これだ!」という答えが見つかるまで考え抜けば、その後の社会人生活もより充実するのではないかと思います。皆さんそれぞれに自分だけの軸を見つけられるよう、応援しています!その先に当社があるのであればうれしいです。皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています。

社員写真 社員写真

SAYAKA's
PRIVATE

何もかも忘れ没頭できる
貴重な時間を持っている強さ

営業部 営業第一グループ

2019年入社/文学部卒

伊藤 清香Sayaka Ito

社員写真

留学で訪れたフランスが
私の芯をつくってくれた

訪れることが叶わなくても脳内旅行で楽しむ!

きれいな海などの絶景を目指して旅行をすることや、カフェで友人とゆっくり過ごす時間が好きです。そしてなにより、学生時代に留学して学んだフランス語の勉強をしている時間が大好きで、大切にしています。フランス語を学んでいると、これまで自分の中にあった常識や価値観が良い意味でひっくり返ることがあり、その感覚に魅了され、ずっと続けています。新型コロナウイルス感染症の蔓延により、海外旅行には行きにくくなりましたが、留学時代の友人と連絡を取り合ったり、現地の映画や番組を観たりすることで、今は脳内旅行を楽しんでいます。

社員写真

非日常の経験を積み重ねることで
さらに仕事のやりがいを
感じることができる

旅という喜びを提供できる仕事へのリスペクト

仕事をしているとどうしても目の前の業務だけに意識が向きがちですが、フランス語の勉強や旅行を通して「やっぱり旅行っていいな!」と実感でき、「日常に旅という喜びを提供できるJALカード」の仕事に、さらにやりがいを感じます。これからも「非日常」の「旅」に大きな可能性を感じながら、プライベートでもさまざまな経験を積み重ねていきたいと思います。

社員写真