社員写真 社員写真

カード発行・管理部

2006年入社/現代文化学部卒

橋本 有香Yuka Hashimoto

社員写真

家庭と仕事を両立できる
環境と仲間に感謝

社内外との運用調整や新システム導入を担う

入社後、顧客対応部門などで従事し、2度の育児休職を経て復帰。現在はカード発行・管理部 業務グループに所属しています。
提携カード会社や他部署間など、社内外との調整業務のほか、新システムの導入を担当しています。

社員写真

お客さまを想い、
何事も全力で向き合う

社内外との各種運用調整が私の役割ですが、特に社外取引先との交渉においては、当社の利益だけを追求するのではなく、重要なパートナーとWin-Winの関係を維持・発展できるよう心掛けています。私の職務を通じて、その先にいらっしゃるお客さまからのご期待にお応えすることはもちろんのこと、JALカードをお選びいただいた感謝の気持ちをお届けできるよう何事も妥協せず業務に取り組んでいます。

社員写真

子どもが病気の時も業務を快く引き受けてくれるメンバーがいる

家庭と仕事を両立しやすい環境がありがたいです。会社としても、育休(育児休職)や時短(育児短時間勤務)の制度があり、子どもの病気などで急遽休まざるをえない時も、不在中の業務を快く引き受けてフォローしてくれるメンバーばかりで本当に助かっています。育休で、2回長期間のお休みをいただいた後に復帰しても変わらずに働けることに感謝しています。

私が大切にしているJALフィロソフィ

有意注意で仕事にあたる

日々の忙しさに流されて、仕事をただこなしているだけでは物事の本質を見抜く力は養えません。このフィロソフィにあるように、日頃からなぜそうなるのか、なにが問題なのかを考える癖をつけ、「有意注意」を習慣化することで、どんな時でも素早く核心をつかみ、対応できるようになると考えています。他部署、提携カード会社、協力会社間の調整役を担うことが多い現在の業務は、関わる事柄が多い分、スムーズに処理することを優先しがちです。しかし「有意注意」で仕事にあたることで、あたりまえと思っていたことや見落としがちな事項を再確認・準備をして、万全の状態で業務対応ができるよう心がけています。

ONE DAY “橋本 有香”

8:45

始業 メールチェック

始業時間を選べるので、子どもを保育園へ連れて行き、早めに出社します。

社員写真
9:00

統計データの作成

チャネル別の入会申込件数など各種統計データを作成し社内共有します

10:00

プロジェクトミーティング

提携カード会社や社内各部署とオンラインミーティングを実施します。その後、部内での課題を整理し、実現に向けた取り組みを加速させます。

12:00

昼休み

お弁当が中心ですが、同僚たちと外食へ行くことも。

13:00

AI関連対応

入会申込書の記入情報をシステム登録するために部内でAIを活用しており、さらなる導入に向けた検討を行います。

社員写真
14:00

資料作成

担当案件について企画案や資料を作成し、上司にアドバイスをもらいながらブラッシュアップしていきます。

16:00

退社

早めに退社して保育園へ子どものお迎えに。ここからは母親です。

就活生へのメッセージ

社員写真

将来の自分を想像できるような会社と出会うことを信じて

就職活動中にはたくさんの企業を回ったり、採用担当者などから話を聞いたりすることと思いますが、訪問した企業や、お話した方から出ている社風を感じとって、数カ月後・数年後に自分がそこで働いている具体的な姿をイメージしてみてほしいと思います。
そのイメージした姿が、もしも自分の目指す将来のあなたとして納得できるようだったなら、それはきっとあなたに合ったいい会社です。くじけそうな時もあるかもしれませんが、必ず出会えると信じて、頑張ってください!

社員写真 社員写真

YUKA's
PRIVATE

家族との時間が
なにより大切

カード発行・管理部

2006年入社/現代文化学部卒

橋本 有香Yuka Hashimoto

社員写真

思いっきり遊ぶ。
子どもとの愛しい時間

雨の日だってお家は楽しい

家族と一緒に過ごすことがなにより大切です。平日は一緒の時間がどうしても短くなってしまうため、休日はできるだけ一緒に過ごします。
2歳と4歳の子どもを連れ、晴れた日は家族で行ったことのない公園を地図で探して行ってみたり、近くの公園でストライダーやボール遊びをしたりします。雨の日は一緒にホットケーキを作ったり、買い物ごっこをしたりしています。

社員写真

効率良く進める。
時間の使い方を意識するように

子育てが新しい人間関係形成にも一役かっている

仕事と家庭を両立させるために、時間の使い方を以前よりも意識するようになりました。子どもとの時間を作るために、どんなことも効率良く進めることを心がけています。
また、子育てをすることでそれまで接することのなかった人との新しい人間関係ができたように思います。家族のサポートは不可欠なので、常に周囲の人へ感謝の気持ちを持つようになりました。

社員写真