お問い合わせ

  1. ホーム
  2. タビーカTOP
  3. クレジットカード
  4. プリペイドカードとクレジットカード、デビットカードの違いは?

プリペイドカードとクレジットカード、デビットカードの違いは?

キャッシュレス決済を導入するお店が増えたことで、プリペイドカードやクレジットカード、デビットカードなどを利用する方が増えています。いずれも現金に代わる決済方法として、日常の買い物からレストランなどの飲食店、海外旅行先など幅広いシーンで利用することができますが、種類が多いことからどれを選んだら良いのかわからないという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、プリペイドカードとクレジットカード、デビットカードについて、それぞれの特徴と違いを詳しく解説していきます。

プリペイドカード、クレジットカード、デビットカードの特徴

現金を使わない決済方法として人気のプリペイドカード、クレジットカード、デビットカードですが、それぞれどのような特徴があるのでしょうか。詳しくみていきましょう。

プリペイドカード(プリペイド式クレジットカード)

プリペイドカード(プリペイド式クレジットカード)というのは、前払い式のカードのことです。あらかじめカードにお金をチャージしておくことで、加盟店などでクレジットカードと同じように決済することができます。カードの種類にもよりますが、ポイントがたまるものも多く、オンラインショッピングや海外旅行先での決済にも使えます。

また、プリペイドカードは審査不要で発行できるため、学生でも持つことができるというのも特徴の一つです。事前にチャージした金額が支払いの限度額となるため、使いすぎてしまうことが心配という方に向いているといえるでしょう。

クレジットカード

クレジットカードの特徴は「後払い決済」であるという点です。また、その支払いも1カ月分をまとめて払うため、クレジットカードを持っていれば現金を持ち合わせていなくても、買い物などの際に決済をすることができます。ただし、クレジットカードというのはカード保有者の信用に基づいて後払いが認められていることから、一定以上の安定した収入がある人でなければ基本的にはクレジットカードを持つことはできません。

そのため、海外の多くの国ではクレジットカードを持っていることが、社会的信用の証明になっていて、ホテルによってはチェックインの際に提示を求められることもあるのです。海外旅行などに行く機会のある方は、クレジットカードを作ることをおすすめします。

デビットカード

デビットカードの特徴は「即時払い」であるという点です。クレジットカードと同様に、デビットカードが使えるお店であればキャッシュレス決済ができますが、決済と同時に申し込み時に登録した銀行口座から代金が引き落とされます。そのため、銀行口座の残高が不足している場合には、決済をすることはできません。使いすぎが心配な方や、支払いを後払いにすることに抵抗がある方にはデビットカードが向いているといえるでしょう。

プリペイドカードとクレジットカード、デビットカードの違い

プリペイドカードとクレジットカード、デビットカードはさまざまなメリットがありますが、自分に最適なカードを見つけるためには、それぞれの違いをしっかりと理解しておくことも大切です。ここでは、下記の項目についてプリペイドカードとクレジットカード、デビットカードの違いを詳しく見ていきましょう。

支払方法の違い

クレジットカードは、支払い方法を「一括」、「分割」、「リボ」などから選ぶことができます。これはクレジットカードの魅力の一つで、大きな金額の買い物をした時などにメリットを感じる部分です。一方、プリペイドカードとデビットカードは、基本的に一回払いのみに対応していて、それ以外の支払い方法には対応していません。

引き落としのタイミングの違い

クレジットカードは後払い式のため、1カ月分の利用金額を翌月の支払い日にまとめて支払います。これに対し、プリペイドカードは事前にチャージしておいた金額のなかから即時決済されます。また、デビットカードも買い物などで決済をしたのと同時に、あらかじめ登録してある銀行口座から引き落としがされます。

限度額

クレジットカードはカード会社の審査によって限度額が決められていて、その金額を超えての利用はできません。プリペイドカードはその発行会社によってチャージ金額の上限が決められています。また、デビットカードは申し込み時に登録した銀行口座の残高が利用できる上限金額です。

ポイント還元率

ポイント還元率はカードの種類によっても異なりますが、クレジットカードの還元率が一番高く、プリペイドカードはデビットカードよりも還元率が低いというのが一般的です。

セキュリティ

一般的なクレジットカードとデビットカードには、万が一不正利用されてしまった時の補償がついているものがほとんどです。一方、プリペイドカードには補償が全くついていないものも少なくありません。ただし、プリペイドカードは事前にチャージした分までしか利用できないため、チャージ金額を高額にしなければ被害を最小限に防ぐことは可能です。

申し込み・審査

クレジットカードは申し込み時の審査があり、年収や勤続年数、会社の規模、信用情報などを参考にして発行されるかどうかが決まります。一方、デビットカードはカードを発行している金融機関の銀行口座を持っていて年齢条件を満たしていれば利用できるというのが一般的です。プリペイドカードは年齢条件がないものも多く、3種類のなかでは最も保有しやすいカードとなっています。

プリペイドカードやクレジットカード、デビットカードなど、キャッシュレス決済に役立つカードにはさまざまな種類があります。それぞれに特徴が異なりますので、この記事でご紹介した内容を参考にして、最適な1枚を選びましょう。

プリペイドカードについては以下の記事でも詳しく解説しています。ぜひご一読ください。
プリペイド式クレジットカード(プリペイドカード)の特徴や使い方は?