お問い合わせ

  1. ホーム
  2. タビーカTOP
  3. クレジットカード
  4. 学生にクレジットカードは必要? メリット・デメリットや注意点も解説

学生にクレジットカードは必要? メリット・デメリットや注意点も解説

学生でもクレジットカードを持ちたいという人は多く、また実際にクレジットカードを日常的に使っている人も増えています。はたして学生にクレジットカードは必要なのでしょうか?そのメリットや活用方法を、デメリットや注意点などともあわせて見ていきます。

学生でもクレジットカードは作れる?

大学生や短大生、専門学校生などの学生でも、18歳以上であればクレジットカードを作ることが可能です。

学生が作れるクレジットカードには、学生専用カード、家族カード、若年層向けカード、18歳以上であれば学生でも申し込める一般カードなどがあります。

このようにカード会社によって発行されているカードはさまざまですが、現在「学生でも作れるクレジットカード」はごく一般的なものになっています。実際に、大学生の5割以上がクレジットカードを持っているという調査結果もあります。

学生がクレジットカードを持つメリット

クレジットカードを所持する学生が増えているのは、クレジットカードを持つことでさまざまなメリットが得られるようになっているためです。具体的に見てみましょう。

キャッシュレスで支払いができる

ここ数年で日本でもキャッシュレス化が進み、スマートフォンを決済端末にかざして支払うといった光景も見慣れたものになりました。「おサイフケータイ」や「iD」「Apple Pay」「Google Pay」などを使うときにはクレジットカードを登録するのが便利です。もちろん、クレジットカード自体を使って支払いをすることもできます。

若い人ほどキャッシュレス決済には抵抗がなく、現金を持ち歩かなくて済むのは便利だと感じる人も多いようです。そのことが、学生がクレジットカードを作るきっかけの一つになっています。

ネットショッピングをするときも便利

ネットで買い物をするときにもクレジットカードは役立ちます。ネットショッピングではほかにもコンビニ決済や銀行振込決済などを利用できますが、よくネットで買い物をするなら最も手軽に使えるのはクレジットカード決済でしょう。

フリマアプリやサブスクリプションサービス、オンラインゲームの課金なども同様です。日常的にネットを利用している若い層にとって、クレジットカード決済は利便性の高い決済方法として認知されています。

マイルやポイントがためられる

利用すればするほどマイルやポイントがたまっていくのもクレジットカードの嬉しいところです。買い物などをするたびにいつの間にかマイルやポイントがたまり、好きな商品に交換したり支払いに利用したりできます。マイルなら特典航空券に交換することも可能です。

どれくらいマイルやポイントがたまりやすいのかを比較検討してクレジットカードを決めるのは、今では多くの人が実践しています。

公共料金の支払いにも利用できる

クレジットカードは公共料金の支払いにも利用できます。大学への進学と同時に一人暮らしを始めたといった学生にとっては、このこともメリットに挙げられるでしょう。

電気・ガス・水道代、さらに携帯など電話料金やインターネット接続料金もクレジットカード払いにすれば、毎月確実にマイルやポイントをためていくことができます。

お金の使い方を学べる

クレジットカードの利用履歴はいつでもWeb明細で確認できます。レシートを集めるよりも簡単に、いつどこで何にいくら使ったかを把握できるので、支出を管理しやすく、学生のときからお金の使い方を学ぶことにも役立ちます。

学生がクレジットカードを持つデメリット

一方、デメリットはどうでしょうか。よくいわれるのは、クレジットカードは現金なしで支払いができるため、つい使いすぎてしまう可能性があることです。もしも支払い日に預金残高が不足していて引き落としができないと延滞金(遅延損害金)が発生します。延滞を繰り返すとカードが利用できなくなる可能性もあります。

ただ、クレジットカードには利用限度額が設定されているので、これを超えて使用することはできません。学生専用カードなどはそもそも利用限度額が低く設定されています。

また、カード会社に申請すれば限度額を引き下げることも可能です。そのことである程度使いすぎを防止できるでしょう。

学生がクレジットカードを利用する際の注意点

学生がクレジットカードを利用する際にまず知っておきたいのは、学生のなかでも20歳未満の未成年者がクレジットカードを作るときには必ず親権者(通常は両親)の同意が必要だということです。クレジットカードの契約は「法律行為」に当たり、未成年者が法律行為をするには親権者の同意が得なければならないと民法で定められているからです。そのためクレジットカードの申込者が未成年の場合は、カード会社が書面や電話で親に同意の確認を行います。

また、デメリットのところで触れたように、無計画に利用してしまうことには十分な注意が必要です。利用限度額の設定以外にも、日頃からWeb明細をマメにチェックして使いすぎを防ぐ意識を持つことが大切です。

さらに、クレジットカードを紛失した際の対処法についてもあらかじめ確認しておくことをおすすめします。紛失に気づいたときはカード会社に連絡すれば、すぐにカード利用の一時停止やカード停止(無効化)の対応をしてもらえます。

こうした注意点を押さえておくことで、安全かつ便利にクレジットカードを活用できるでしょう。

学生のうちからクレジットカードを所有して賢く活用する人は、今後ますます増えていくでしょう。18歳になるタイミングで、どんなクレジットカードが自分に合うのかを検討してみるのもよいのではないでしょうか。おすすめの学生向けクレジットカードや作り方について知りたい方は、「学生専用?家族カード?学生のクレジットカードの作り方を解説!」という記事もあわせてお読みください。