お問い合わせ

  1. ホーム
  2. タビーカTOP
  3. マイルのため方・使い方
  4. マイルを大量獲得! JALのマイルを効率的にためる方法

マイルを大量獲得! JALのマイルを効率的にためる方法

特典航空券や座席のアップグレード、旅行関連商品の購入など、さまざまな用途に使うことができるJALマイル。基本的なため方はもちろん、ちょっとしたコツを覚えて、マイルを上手に獲得していきましょう。今回は、JALマイル初心者のために、効率的なマイルのため方について、詳しく解説していきます。

JALマイルをためるには何が必要?

JALマイルをためるためには、JALが運営する「JALマイレージバンク(JMB)」と呼ばれるマイレージサービスの会員になり、「JALマイレージカード」またはクレジットカード機能付きの「JALカード」を発行する必要があります。いずれのカードも、飛行機の搭乗距離に応じたマイルが付与され、たまったマイルは特典航空券の購入をはじめ、多彩な商品やサービスとの交換に利用することが可能です。
特にクレジットカード機能付きのJALカードは、フライトでのボーナスマイルやショッピングのクレジットカード決済におけるマイルの加算などさまざまな特典が付くため、JALマイレージバンクカードよりも効率的にマイルをためることができます。なお、JALカードはその種別によって「普通カード」、「CLUB-Aカード」、「CLUB-Aゴールドカード」、「プラチナ」の4種類に大きく分けることができますが、高いグレードになるほど特典やサービス内容も充実していくのが特徴です。

JALマイルの基本のため方「飛行機に乗る」

JALマイルの最も基本的なため方が、JALグループの航空会社または提携航空会社のフライトを利用するという方法です。予約や搭乗の際に7桁または9桁の「お得意様番号」を伝えることで、搭乗後にマイルが自動積算されていきます。

飛行機に乗ってためる

飛行機を利用した際にたまるのが「フライトマイル」です。このマイルは、JALグループ航空会社の飛行機を利用した際に付与されるもので、「区間ごとのマイル×利用運賃のマイルの積算率」によって算出されます。区間ごとのマイルは距離が長ければ長いほどマイル数も多くなり、利用運賃は割引率の低いものほど多くのマイルが付与されるのが一般的なルールです。

フライトで効率的にマイルをためる方法

クレジットカード機能付きのJALカードを持っている場合には、フライトの際に「入会搭乗ボーナス」や「毎年初回搭乗ボーナス」をはじめ、JALカードのグレードに応じて、10%~25%のボーナスマイルが、通常のフライトマイルに加えて付与されます。また、旅行や出張などの際の宿泊施設として、JALカード特約店のホテルや旅館を利用することでさらに効率的にマイルをためることが可能です。

ショッピングでJALマイルをためる方法

クレジットカード機能付きの「JALカード」を利用すれば、飛行機に乗る機会が少ない方でも普段のクレジットカード利用でマイルを上手にためることが可能です。

JALカードで買い物をすると基本は200円で1マイルたまる

食料品など日常の買い物や、レストランなど飲食店での支払いでJALカードを利用すると、「ショッピングマイル」として200円につき1マイルをためることができます。普段複数枚のクレジットカードを使用している方は、カード払いをJALカードに集約することで、より多くのマイルをためることが可能です。

JALカードショッピングマイル・プレミアムに入会して効率的にマイルをためる!

普段からカード決済を利用するという方は、「ショッピングマイル・プレミアム」への入会が断然おトクです。JALカードの年会費に3,300円(税込)の年会費をプラスして入会することで、通常200円で1マイルたまるところが、100円で1マイルとショッピングマイルを2倍ためることができます。なお、JALカードのなかでも「CLUB-Aゴールドカード」や「プラチナ」は、ショッピングマイル・プレミアムが自動付帯されているため、年会費無料で2倍のショッピングマイルをためることができます。



特約店でのショッピングならさらに効率的にマイルがためられる!

全国に多数あるJALカード特約店でのショッピングでJALカードを利用した場合、通常200円で1マイル付与されるところが、200円で2マイル付与されるためおトクです。ショッピングマイル・プレミアムに入会したうえで、特約店で買い物をすればショッピングマイルも4倍になるため、より効率的にマイルをためることができます。

さらに効率的にマイルをためる方法

飛行機への搭乗やショッピングの支払い以外にも、以下のような方法でマイルを効率的にためることができます。キャッシュレス決済が浸透した現代だからこそ、上手にJALカードを利用してマイルをためていきましょう。例えば、一部のJALカードでは電子マネーへのチャージでもマイルをためることができますし、公共料金や携帯電話など毎月固定の引き落としがある場合には、JALカードで支払いをすることによってポイント分散を防ぎマイルを効率的にためることが可能です。

上記でご紹介したように、フライト利用やJALカードのサービスなどを上手に活用して、効率的にマイルをためていきましょう。